logo

TABLE TALK

私たちは、美味しい料理をきっかけに、真の“美味しい時間”をお届けしたいと考えています。
今回は、SNSを賑わす素敵な女性、猪鼻ちひろさんと赤埴奈津子さんがアンドエクレ ル ビストロにご来店。二人が繰り広げるテーブルトークを少しだけ覗いてみましょう。
彼女たちが過ごした美味しい時間とは―。

Chihiro Inohana & Natsuko Akahani

右:猪鼻 ちひろ/モデル(inohanachihiro
左:赤埴 奈津子/ビューティー&フードアドバイザー(natsukoakahani

twitter

facebook

ある平日の晴れた日。「アンドエクレ ル ビストロに13時集合!」
ごちゃごちゃしていてあまり良いイメージがなかったという池袋での食事に、少々緊張気味のちひろさんが先にお店に到着。店頭にあるメニューを撮影し、即座に赤埴さんにLINE送付。何を食べようかと悩んでいます。少し遅れて奈津子さんも到着。いよいよ二人のランチタイムがスタートです。

ちひろ:初めてのレストランでは、事前にメニューをチェックしながら、何を食べようかと写真を見るのも楽しいよね。電車の中でもずっとHPをチェックしてた!
なつこ:私も事前チェックをして、今日はクーリシャスを食べたいと思ってるよ。

と話しながらも、メニューを差し出すと悩み始める二人。5種類のセットの説明を受けながら、ようやくデリボードとお魚料理をチョイス。でも悩んだ結果クーリシャスも追加。

ちひろ: そもそも私とはにちゃんの出会いって、8年前くらいかな?展示会のモデルをしていて会ったんだよね。
なつこ:お互いまだ学生で 笑!
ちひろ:待合せ場所で可愛い人がいる!って感動したのを覚えてるよ。
なつこ:ちーちゃんの第一印象はちっちゃくて、かわいくて、元気いっぱい 笑!初対面でも人懐っこいちーちゃんのおかげで、楽しい一日だったのを覚えてる。その後撮影などでも会うようになり、長い付き合いになってきたよね。
ちひろ:美味しいものを食べにいく仲でもある!

profile image

仕事だけでなく、プライベートで美味しいものを探して食べにいく仲でもある二人だが、お酒は得意ではないそう。今日は「おちゃらか(日本茶そのものの深い味わいを“目・鼻・口”で愉しめる新しいフレーバー日本茶)」と、ノンアルコールスパークリングワインで乾杯。

ちひろ:私たち、いつもどんなお店に行ってるかな。
なつこ:お店選びのポイントは、味と雰囲気だよね。若い頃はオシャレ重視だったけど、今はただただ美味しいものが食べたい 笑!「あのお店のこの料理が美味しいらしいから」という理由で遠出したりもする。
ちひろ:そうそう!美味しいことが一番大事。そのアンテナはいつも張っているよね。あとは長居できるかどうかも大事なポイント。食事をしてお茶して…、やっぱり女性同士は話すこともたくさんあるから、長居しちゃう。
なつこ:スタッフの方の対応や居心地が良いと、ついつい長居したくなるよね。そして良かったら、次に会った子におすすめして。

profile image

セットのスープがサーブされる。

なつこ:このスープは本当に感動!セットで付いてくるスープって、具がスカスカだったり、適当に用意された手抜きスープが多いよね。でもこのスープは具材がたっぷり。ボリュームがあり、あっさりしているのに深みがあって、スープだけでもオーダーしたいくらい!
ちひろ:実は、商業施設の中にあるレストランて、本格的な味はそこまで期待していなかったりするけど、全くそんなことない!私の勝手なイメージだったな。

profile image

撮影して、食べて、話して、笑って、また食べて…女性同士の食事時間はずっと動きがある。

ちひろ:魚のプレートも最高だったな。ここでしか食べられない味。このソースは絶対に自分では作れないし、本格的。まわりの海老や野菜も美味しいし、彩りもきれい。食べ終わったのに、もう既に食べたい 笑。
なつこ:あとはやっぱり「クーリシャス」!色鮮やかで見ても楽しいし、ソースがとても美味しくて感動。特にナスのクーリシャスは食べたことのない新しい味!ソースとライスを一緒に食べるという発想もおもしろいし、もちろん相性も完璧。これも家では絶対に作れない、手の込んだ味だった。わざわざ食べにくる価値があるね。
(※写真は長野県産白米“風さやか”鶏肉と夏野菜のクーリシャス)

profile image

なつこ:最近、商業施設の中にあるレストランって、レベルが上がってきている気がしない?路面店だとよく迷子になるので、分かりやすいよね。
ちひろ:雨の日やこれからの暑すぎる日は、やはり駅からそのまま行けるし、こういうお店を知っておくと重宝すると思う。穴場だね!
はに:最近はオシャレなお店より美味しいお店と言ったけど、美味しいをクリアしていてのオシャレは嬉しい。内装がストライクだったな。ライトや壁のフレームなどセレクトが流石だなぁ。

profile image

ちひろ:どんなシチュエーションにもマッチするお店だね。気楽に、家族や恋人とリラックスしてまた来たいな。いろんな料理をシェアしながら楽しみたい。
なつこ:カフェタイムにデザート好きのお母さんを連れてきたい。このフレンチトーストを食べさせてあげたい!
ちひろ:池袋の街も、最近では治安も良くなっているのか、住みやすいと言われているよね。今日で印象が変わったな。
なつこ:私はプラネタリウムが好きで、実は定期的に池袋には来てたの。でも確かにちょっと混雑した印象だったけど、ここ最近はすごく変わったよね。お店も充実して、池袋で全部揃えられる。若い子の街という印象から大人も楽しめる街に変わったような気がする。駅の出口によっても雰囲気が全然違うから、一つの街で色んなジャンルが楽しめるテーマパークみたい!今日はまた新たな池袋を発見できたね。

結局この日は2時間半のゆっくりランチに。楽しいテーブルトークは、永遠に続きそうな気配でした。食べることに貪欲な二人は、ひとつひとつの料理に興味津々で、スタッフとも会話を楽しんでいたのが印象的でした。
アンドエクレ ル ビストロは、素材を大切に、見ても食べても思い切り楽しんでいただける料理を自信を持ってお届けしています。長居も大歓迎。ランチからデザートまで、たっぷりとお楽しみ下さい。

<この日の食事>
長野県産白米 ”風さやか” チキンと夏野菜のクーリシャス ¥1,050
茨城県産玄米 ”かみあかり” 三元豚ロースと焼きナスのクーリシャス ¥1,100
デリボード(自家製パテを含む前菜の盛り合わせ) ¥1,380
鯛のソテー 魚介の白ワインソース ¥1,380
フレンチトースト オレンジ風味 ¥880

※ランチセット:全てスープ、パン、サラダ付き
 セットドリンク¥250〜 セットデザート¥350〜
※デザートセット:セットドリンク¥250〜

野尻 美穂 &ecle Diary03
高山 都 &ecle Diary02
白澤 貴子 &ecle Diary01
クリス-ウェブ 佳子 TABLE TALK